Drive my car-life
-徒然車- クルマの販売に関するうんちくあれこれ
プロフィール

<Highschool~Present>          神奈川県立追浜高校          駿台予備校                 青山学院大学文学部英米文学科   東京日産自動車販売株式会社       株式会社クエスト            株式会社エーススタッフ        株式会社東日カーライフグループ

長谷川 勇人

Author:長谷川 勇人
<Birth and Bloodtype>
1962年生まれ
Going my way! B型人間

<Lifework and Hobby>
ウインドサーフィン・スキー・
60-80年代ロック・酒
温泉or大浴場

<Home>
神奈川県横須賀市
美しく優しい妻1人
聡明で親孝行な息子1人


CalendArchive


最近の主張


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア


小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問すればいいってもんじゃない
訪問営業中心のコラムであるが訪問すればいいってもんじゃない
非常に当たり前のことだが、あえて書く。

先日商談に負けた。私自身のではなく、営業活動を支援している、ある営業の商談だ。
その商談を発掘したのは去年の秋頃であった。
テリトリー内の未納先法人を片っ端から飛び込み訪問をし、ようやく話ができた先であった。話としては、社用車を入れ替えたいということと自分自身のプライベート車もそろそろという、いわゆる2台口のような話である。
名刺交換をし、査定をさせていただき、グレードは?オプションは?支払い条件は?という具体的な話で終了し、次回見積りをお持ちしますということで辞去した。
営業はにっこりし、『がんばります!』ということで、帰社後店長と相談をし、見積りを作成したまではよかったが、この後がいけない。

何度も一生懸命訪問し、見積り完成の旨を伝えたが、なかなか目指す人に会えない。業種的に不定期の休日ということでもあったが、会えないまま時間だけが経過していったらしい。何週間か後にようやく会えたのだが、開口一番『他社に決めた』とのこと。理由は、
『おたくは何も言ってこなかったじゃない?』と言われたそうだ。

私が先日この顛末を店長から聞いたときに店長いわく、『土俵の下には来たけれど土俵の上には上れなかった』と悲しそうな顔をしていた。どうして上れなかったのですか?ときくと、『何度行っても会えなかったんですよ』と会えないことが敗因というようなことを言っていた。当の営業本人とも話したが同じような回答であった。
そこでふと思った。訪問以外でコンタクトは取ったのだろうかと。
『名刺をもらったのだから、電話アポを取ってみた?』と聞いたところ、『そういえば電話していませんでした。テリトリーなのでひたすら訪問していました。』ということであった。

IT機器真っ盛りのこの時代。今や原始的にもなってしまいつつある<電話>
自動車の営業は、アポを取らずに訪問することは確かに多い。しかし、商談となれば別である。何月何日の何時に誰とという5W2Hを明確にし、万全の体制で商談には臨まなければと私自身も深く反省した一件であった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
手紙とか
M@ILって手もあったんじゃないですかね。
携帯ならいざ知らず、固定電話ではつかまらないことも多い。
そんな時の手段としてM@ILは常識でしょう。
【2008/03/20 18:29】 URL | @大阪 #z8Ev11P6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://poppsun.blog15.fc2.com/tb.php/10-a015ba1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。